ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングとは

  • 植物には「光飽和点」というものがあり、ある一定以上の照度の光は光合成には影響を与えません。そこで農地の上に藤棚のように架台をつけて上部で太陽光発電を行うことにより、自然エネルギーと農業の両立が可能となります
  • 農林水産省はこれまで、農地への太陽光発電の設置は支柱部分が農地転用にあたるとして認めてきませんでしたが、2013年3月より条件付きで支柱部分の「一時転用」を認める方針を発表しました

導入のメリット

  1. 農業収入と安定した売電収益
  2. 生育に余剰な太陽光を売電に活用
  3. 地目が農地のまま支柱部分のみを転用するため、固定資産税が安価
  4. 水田は水平なので整地工事の手間がかからない
  5. 自社開発の制御システムで太陽電池モジュールの角度を自動的にコントロールすることで、作物の育成に与える影響を軽減し効率的な発電が可能
  6. 営農型太陽光発電の設置に必要な農業委員会からの一時転用許可取得実績あり

最適なモジュール角度を自動管理するガリレオの制御システム

  1. 各種センサから取得したデータをもとに作物に最適となる光量を計算し、太陽電池モジュールの角度を自動で制御します
  2. 作物を育成していない時期は、発電量が最大となる角度で制御することで、売電収入を増加させます
  3. 強風時は角度を水平にすることで風の抵抗を抑えたり、積雪時に垂直にすることで雪下ろしの手間がなくなります

お問い合わせはこちら